> > 東芝、福島空港のメガソーラーに太陽光発電パネルを寄贈(500kW)

東芝、福島空港のメガソーラーに太陽光発電パネルを寄贈(500kW)

記事を保存
東芝、福島空港のメガソーラーに太陽光発電パネルを寄贈(500kW)

東芝は、福島県が推進する「再生可能エネルギーを利用した発電事業」を支援するため、福島発電(福島県福島市)が福島空港敷地内で行うメガソーラー事業に対して、500kW相当の太陽光発電パネルパワーコンディショナー(PCS)を寄贈すると発表した。

本事業は、福島県が福島空港敷地内(福島県須賀川市及び玉川村)で一般家庭330世帯分に相当する1.2MWの太陽光発電を行うもので、2014年3月に発電を開始する予定。本事業の運営は、同県等の出資により設立された福島発電が行っている。また、総事業費約4億円は、県民参加型ファンドを設立し県民より出資を募っている。

福島県は、本事業を再生可能エネルギーを利用した発電事業の推進拠点かつ次世代エネルギーパークの中核施設として、東日本大震災からの復興のシンボルと位置付けている。

東芝は、本事業の趣旨に賛同し、発電総容量の約4割の発電量500kWに相当する世界最高クラスの性能の250W太陽光発電パネル(米サンパワー社製)2,000枚と500kWパワーコンディショナー(PCS)1台を寄贈する。同社は、今後も東北の復興状況を踏まえながら時期、内容を検討し支援を行っていくとしている。

東芝は、2010年3月に、米サンパワー社の太陽電池モジュールを採用し、住宅用太陽光発電システム事業に参入している。

なお、次世代エネルギーパークは、福島県が経済産業省の認定を受けている「福島県次世代エネルギーパーク計画」。福島県全体を1つのエネルギーパークと見立て、県内各地に既に立地する代表的な発電設備や再生可能エネルギー関連施設を有機的に連携させ、県民などに対して再生可能エネルギーに関する体験・学習機会を提供する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.