> > スマートハウス関連市場、2017年には12年比3.5倍か 富士経済が予測

スマートハウス関連市場、2017年には12年比3.5倍か 富士経済が予測

 印刷 記事を保存

富士経済は、消費増税により動向が注目される、住宅設備・建材の国内市場について調査した結果を公表した。本レポートによると、同市場におけるスマートハウス関連分野は最も成長が期待される分野であり、2017年に2012年比3.5倍の1,232億円となる見通し。HEMS(家庭用エネルギー管理システム)スマートメーター(次世代電力計)家庭用蓄電池が順調に拡大すると予測する。

また、同市場における断熱分野は、2020年の省エネ基準適合義務化などの諸施策の後押しにより、2017年の市場は、2012年比6.0%増の2,402億円になると予測する。ただし、不透明な側面もあると指摘する。

住宅設備・建材の国内市場は、消費増税前の駆け込み需要により、2013年は前年比6.5%増の5兆1,940億円、2017年は2012年比4.2%増の5兆815億円になると見込み。2014年は、駆け込み需要の反動による大幅な減少が想定されるものの、1997年の消費増税後の減少幅は下回るとみている。

(※全文:1,733文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.