> > 千葉県の自治会集会所も「スマート化」 太陽光発電・蓄電池・HEMSなど装備

千葉県の自治会集会所も「スマート化」 太陽光発電・蓄電池・HEMSなど装備

記事を保存
千葉県の自治会集会所も「スマート化」 太陽光発電・蓄電池・HEMSなど装備

トヨタホーム、パナホーム、ミサワホームの3社は、千葉県浦安市日の出地区において共同で開発を進めているスマートハウス分譲地「THE ISLES(ジ・アイルズ)」に、浦安市との官民連携により「自立型スマート自治会集会所」を整備した。

同集会所は、リチウムイオン蓄電池(8.2kWh)、太陽光発電システム(7.98kW)、HEMS、非常時給電システム、LED照明などスマートハウスとしての機能を持ちながら、通常はコミュニティ交流の場として利用できる。また、防災設備として、非常食などを補完する防災品備蓄庫、下水道が止まっても利用できる「ハイブリッドトイレ」も装備されている。

THE ISLESは、東日本大震災後初めて浦安市で実施されている大型分譲。この地区では震災時も液状化被害は出なかったが、改めて道路を含めて地盤を強固にする液状化対策工事を実施したうえで、地域コミュニティの防災活動拠点となる「自立型スマート自治会集会所」を設置した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.