> > 進む北海道と東北の大規模蓄電システム整備 再エネの受入れ枠拡大目指す

進む北海道と東北の大規模蓄電システム整備 再エネの受入れ枠拡大目指す

記事を保存

新エネルギー導入促進協議会は、北海道電力と住友電気工業、東北電力が、国内初の取り組みとして、開始した大型蓄電池を系統に導入する実証事業の平成25年度成果概要(公開版)を取りまとめた。

本事業は、再生可能エネルギーの導入可能量を拡大等を目的に、基幹系統の変電所に世界最大級の大型蓄電池を設置し、風力や太陽光発電の出力変動に対する周波数調整力としての性能を検証するもの。

経済産業省の「平成24年度大型蓄電システム緊急実証事業」の補助事業者として採択を受けて、東北電力が「リチウムイオン電池を活用した、周波数変動対策」、北海道電力と住友電気工業が「レドックスフロー電池を活用した、マルチな需給変動対策」に取り組む。今回、平成25年度に実施した事業について、概要を発表した。

両事業とも、平成25年度は、実証試験を行うために必要となる蓄電池システムや蓄電池システム制御システムの設計等を実施した。

なお、両実証事業は複数年を予定しており、本事業の執行団体である新エネルギー導入促進協議会は、平成26年度に行う本事業についても、補助交付を決定している。

両実証事業の平成25年度成果概要等は以下の通り。

東北電力:西仙台変電所周波数変動対策蓄電池システム実証事業

本事業では、東北電力の西仙台変電所に大型蓄電池(リチウムイオン蓄電池、出力2万kWh(短時間4万kW)、容量2万kWh)を設置し、風力や太陽光発電の出力変動に対する周波数調整力としての性能を検証する。事業期間は平成25年度~平成29年度(平成27年2月を目途に設置工事を完了し、その後3年間で実証試験を実施予定)。

平成25年度は、平成26年度に計画している西仙台変電所での系統用蓄電池システム構築および中央給電指令所システムへの制御機能の実装に向けて、「西仙台変電所に設置する蓄電池システムの詳細設計」、「中央給電指令所における蓄電池制御機能設計」を進めた。また、設置予定地である西仙台変電所では、基礎工事・建物工事の一部を実施した。

西仙台変電所蓄電池システム(完成イメージ)ン

西仙台変電所蓄電池システム(完成イメージ)

北海道電力・住友電気工業:南早来変電所大型蓄電システム実証事業

本事業では、北海道電力の南早来変電所に世界最大級の大型蓄電池(レドックスフロー電池、定格出力1万5,000kW、定格容量6万kWh)を設置し、風力や太陽光発電の出力変動に対する調整力の性能を検証する。レドックスフロー電池は、周波数変動対策のみならず、下げしろ対策や長期の需給変動対策としても活用でき、本事業の成果を踏まえ、一割程度の調整力の増強を目指す。事業期間は平成25年7月~平成31年3月。

平成25年度は、蓄電池設備等のシステム設計を行い、製造を開始。また、受変電設備や蓄電池設備建屋の設計を行った。制御システム開発では、蓄電池制御システムや、風力太陽光発電出力予測システムのうち気象予測システムについて仕様等決定した。気象急変時分析に向けた検討では、次年度からの観測開始に向け、風況・日射量観測地点を選定した。平成26年度の事業としては、引き続き、蓄電池設計・製造、蓄電池制御システムや風力太陽光発電出力予測システムの開発を進めていく。

蓄電池設備建屋と蓄電池設備設置イメージ(南早来変電所大型蓄電システム実証事業)

蓄電池設備建屋と蓄電池設備設置イメージ(南早来変電所大型蓄電システム実証事業)

【参考】
新エネルギー導入促進協議会 -
大型蓄電システム緊急実証事業(平成25年度)成果概要(公開版)について

新エネルギー導入促進協議会 -
大型蓄電システム緊急実証事業(平成26年度)の交付決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.