> > 北海道電力、再エネ発電の接続申込みの受付方法を変更 2月1日から

北海道電力、再エネ発電の接続申込みの受付方法を変更 2月1日から

記事を保存
北海道電力、再エネ発電の接続申込みの受付方法を変更 2月1日から

※こちらをクリックすると拡大します。

  • [7]の時点で買取価格が決定する(太陽光発電設備については、平成27年4月1日以降、[12]の時点で調達価格が決定する予定となっている)。
  • [6]の時点で系統連系検討の優先順位が確定する。
  • [12]では、接続契約成立の証として同社が「接続契約の成立のお知らせ」を発行する。
  • 省令に基づき、工事費負担金は接続契約成立後1ヵ月以内に支払う。
  • 省令に基づき、契約に定めた受給開始予定日までに受給開始する。([16])。
  • 工事費負担金は、同社工事の完了後、過不足精算を行う。([17])

北海道電力は、固定買取価格制度(FIT)の見直し等に係る、国の新エネルギー小委員会の議論および2015年1月26日に改正された省令の内容等を踏まえ、FITの対象となる発電設備(太陽光風力・バイオマス・地熱・水力発電)に対する受付方法を、2月1日以降、変更する。

なお、今後、太陽光発電の調達価格については、2015年4月1日以降、原則として、接続契約成立時点の価格が適用される予定となっている。本内容に係る受付方法等の変更については、改めて通知するとしている。

変更する受付方法の概要は以下の通り。

1.系統連系および電力購入申込みの受付方法変更について(高圧・特別高圧連系)

同社は、系統連系および電力購入申込み(本申込み)の受付については、事前の接続検討(接続検討)の検討結果回答後に行うこととしている。2月1日以降、接続検討申込みから本申込みまでの手続きを円滑に進めることを目的とし、接続検討の検討結果回答前であっても、本申込みを受け付ける。

なお、本申込みにあたっては、以下の点について、留意すること。

  • 受付方法変更後も、本申込みの受付にあたっては、事前に接続検討のお申込みが必要。
  • 本申込みの受付にあたり、国の設備認定通知書(写)を提出する。また、調達価格については、同社が本申込みを受け付けした時点で確定する。
  • 平成26年度の調達価格適用を希望する事業者は、平成27年3月31日までに上記手続きを全て完了していただく必要がある。
  • 系統連系検討の優先順位は、同社が本申込みを受け付けした時点ではなく、接続検討結果の回答後、同社が事業者様から「系統連系および電力購入に係る意思表明書」を受領した時点で確定する。接続検討結果の回答前に本申込みをした場合、接続検討結果回答後、当該書面にて、本申込みの実施意思を確認する。

2.接続契約成立、工事費負担金、受給開始日の取り扱いについて

同社はこれまで、事業者からの本申込みを受け付けした後、系統連系検討結果の回答により、同社系統への連系を承諾し、その後、電力受給契約の締結を以って、接続契約の成立(接続枠の確定)としていた。

また、本申込みをした事業者には、接続契約の成立と同時に「接続に必要な費用」として工事費負担金を請求していたが、支払期限(請求後1ヵ月以内)を超過しても、支払いのない場合についての取り扱いについて明確に定めていなかった。

しかし、同社との電力受給契約の締結もしくは、工事費負担金の支払いに応じず事業化しない「空押さえ案件」により、他のお申込み事業者との連系協議が進められない事例が多数発生した。当該事象は、同社管内のみならず、全国で発生したことから、空押さえ案件への対応について新エネルギー小委員会にて議論が進められてきた。

本小委員会での議論の結果、空押さえ案件への対応として、電力会社は接続契約の成立時に接続枠を確定するよう受付方法を見直すことが確認されたこと、省令改正により、接続契約の成立後1ヵ月以内に工事費負担金を支払わない場合、または契約上の連系開始予定日までに運転開始しない場合には、電力会社が接続枠を解除できることとなった。

これらを踏まえ、同社は、2月1日以降、次のとおり、取り扱いを変更する。

接続契約成立(接続枠の確定)の取り扱いについて(高圧・特別高圧連系)

同社は、本申込み受付後、接続承諾時に最終的な系統連系条件や工事費負担金等を記載した、「接続契約成立のお知らせ」を発行する。同社が発行した「接続契約成立のお知らせ」を事業者が受領した時点で接続契約が成立し、接続枠が確定することとなる。事業者には、上記取り扱いについて、本申込み時点であらかじめ同意してもらう。

工事費負担金の取り扱いについて(低圧・高圧・特別高圧連系)

同社が「接続に必要な費用」として請求する工事費負担金は、接続契約の成立日から1ヵ月以内に支払うこととする。この期限内に支払いがなかった場合、原則、接続契約を解除する。

受給開始日の取り扱いについて(低圧・高圧・特別高圧連系)

電力受給契約締結後、特段の理由がないのにも関わらず、電力受給契約上の受給開始日までに受給開始に至らない場合、接続契約を解除する。

【参考】
北海道電力 - 再エネのFIT対象発電設備の接続申込み 受付方法変更について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.