> > 積水ハウスの東北工場、熱電併給ガスエンジン・蓄電池・LED照明を導入

積水ハウスの東北工場、熱電併給ガスエンジン・蓄電池・LED照明を導入

 印刷 記事を保存

日本GE(東京都)は、積水ハウス 東北工場(宮城県色麻町)に、大容量蓄電池、低NOxで熱電併給(コジェネ)運用のガスエンジンと、工場建屋と事務棟向けのLED照明機器を設置した。すでに設置されている出力720kWの太陽光発電器と合わせ、大容量蓄電池、ガスエンジンという3種類の電源システムを統合し、工場導入した事例は国内になく、完成すれば積水ハウス東北工場が日本初となる。(太陽光発電との連携は第2期工事予定)。

積水ハウスは、「平常時はエコで、災害発生時にはタフな」をコンセプトに、平常時の電力ピークカット及び災害発生時の電力供給を実現する同工場の「防災未来工場化計画」の実現を官民連携で目指している。

(※全文:1,014文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください