> > 2015年度の電力買取価格 太陽光のプレミア価格・出力制御対応の考え方まとめ

2015年度の電力買取価格 太陽光のプレミア価格・出力制御対応の考え方まとめ

 印刷 記事を保存

24日に開催された第19回調達価格等算定委員会(第19回)で、固定買取価格制度(FIT)における平成27年度の調達価格および調達期間に関する委員長案が示された。10kW未満の太陽光発電については、出力制御の新ルールの導入に伴って、東京電力など出力制御対応機器設備がなしの地域と、その他の地域を別区分とした。

委員長案で示された平成27年度の調達価格および調達期間は先日の速報の通り。本記事では、利潤配慮期間終了後の扱いと太陽光発電での出力制御対応機器についての考え方について紹介する。

利潤配慮期間終了後の扱い

FIT開始後3年が経過する本年7月1日以降は、3年間を限りとして、上乗せされてきた適正な利潤(1~2%分)については、廃止する。

(※全文:1,030文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.