> > 「細かく制御すれば太陽光発電の出力制御率は半減する」 九州電力が試算発表

「細かく制御すれば太陽光発電の出力制御率は半減する」 九州電力が試算発表

 印刷 記事を保存

九州電力は、固定価格買取制度(FIT)の新ルールに基づく、太陽光発電に対する出力制御の見通しにおいて、時間単位で必要な量だけの出力を制御するきめ細やかな出力制御(一律制御)を行った場合、出力制御時間等が半分以下になるとの試算を発表した。

例えば、実運用時の裕度をある程度考慮した太陽光・風力の出力想定(合成2σ方式)でみたとき、日単位の出力制御(交替制御)を行う場合の出力制御時間(出力制御率)は、指定ルール事業者による追加接続量が+100万kWで1,404時間(39%)、+200万kWで1,668時間(45%)、+300万kWで1,980時間(52%)であるのに対し、一律制御を行う場合は、追加接続量が+100万kWで403時間(12%)、+200万kWで724時間(22%)、+300万kWで1,037時間(32%)となった。

(※全文:1075文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.