> > 「細かく制御すれば太陽光発電の出力制御率は半減する」 九州電力が試算発表

「細かく制御すれば太陽光発電の出力制御率は半減する」 九州電力が試算発表

記事を保存
「細かく制御すれば太陽光発電の出力制御率は半減する」 九州電力が試算発表

九州電力は、固定価格買取制度(FIT)の新ルールに基づく、太陽光発電に対する出力制御の見通しにおいて、時間単位で必要な量だけの出力を制御するきめ細やかな出力制御(一律制御)を行った場合、出力制御時間等が半分以下になるとの試算を発表した。

例えば、実運用時の裕度をある程度考慮した太陽光・風力の出力想定(合成2σ方式)でみたとき、日単位の出力制御(交替制御)を行う場合の出力制御時間(出力制御率)は、指定ルール事業者による追加接続量が+100万kWで1,404時間(39%)、+200万kWで1,668時間(45%)、+300万kWで1,980時間(52%)であるのに対し、一律制御を行う場合は、追加接続量が+100万kWで403時間(12%)、+200万kWで724時間(22%)、+300万kWで1,037時間(32%)となった。

交替制御のイメージ

交替制御のイメージ
※至近年における対応(対象:旧ルール・指定ルール事業者)(注)旧ルール事業者は将来も同様

改正省令に基づく太陽光・風力発電の接続可能量を超過した電気事業者は、指定電気事業者制度の下で、指定ルール(無補償の出力制御の制限なし)による受付が可能となる。一方で、指定電気事業者に対しては、出力制御の見通しについて公表することが義務付けられている。

出力制御見通しの算定にあたっては、理論上の指標として、太陽光・風力の出力を日射量実績等に基づき事後的に評価したもの(実績ベース方式)、および、実運用時の裕度をある程度考慮した太陽光・風力の出力想定(合成2σ方式)によるものの2ケースがある。

需要の小さい4、5月などは出力制御される事業者が多くなる(左)が、需要の大きい1、2月などは、出力制御される事業者が少なくなる(右)。

需要の小さい4、5月などは出力制御される事業者が多くなる(左)が、需要の大きい1、2月などは、出力制御される事業者が少なくなる(右)。

また、九州電力では、遠隔による出力制御システムの導入後には、時間単位による一律制御を行うが、出力制御システムが整備されるまでの間に、指定ルールの事業者に対して出力制御を行わざるを得ない場合には、日単位による交替制御を行うことになる。

このため、出力制御の見通しは、実績ベース方式と合成2σ式について、それぞれ一律制御を行う場合と交替制御を行う場合があり、全部で4通りある。

同社は、先に開催された第5回系統ワーキンググループ(WG)において、交替制御を行う場合の見通しを提出。今回、算定中としていた、一律制御の場合の出力制御時間等の見通しを、同WGに提出した資料に追記し、第10回新エネルギー小委員会に提出した。

一律制御では、出力制御が必要な日に、必要な時間に限定して、全制御対象に対して、同じ制御パターンにより部分制御を実施するもの。交替制御は出力制御が必要な日に、最低限制御が必要な事業者のみを交替で実施するもの。

【参考】
九州電力 - 九州電力、九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する出力制御見通し

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.