> > 「福岡アイランドシティ」 住宅への太陽光発電・燃料電池・蓄電池設置に補助金

「福岡アイランドシティ」 住宅への太陽光発電・燃料電池・蓄電池設置に補助金

記事を保存

福岡市は、福岡アイランドシティ内のCO2ゼロ街区に設置した新築戸建住宅に、太陽光発電システム燃料電池システム蓄電池のいずれか2つ以上を導入する民間事業者、個人に対して、費用の一部を補助する。これは、2015年度「福岡市アイランドシティ スマートコミュニティ創造事業補助金」の「スマートハウス整備事業」として行われるもの。

補助対象システムの条件

太陽光発電システム

  • 発電出力4kW以上10kW未満であること

燃料電池システム(エネファーム)

  • 発電出力1.5kW以下であること
  • 定格運転時における総合効率がLHV基準で80%以上であること

蓄電池

  • 容量が1kWh以上であること

補助率

1/3以内

補助限度額

  • 太陽光発電システム・燃料電池システム・蓄電池/100万円
  • 太陽光発電システム・蓄電池/70万円
  • 燃料電池システム・蓄電池/80万円
  • 太陽光発電システム・燃料電池システム/50万円

なお、導入するシステムは未使用である必要がある。補助金の申請総額が予算に達し次第、申請の受付は終了する。補助金の交付申請は、補助事業が年度末までに完了するものを対象とする。

なお、2015年度は「スマートマンション整備事業」「アイランドシティ地区都市再生整備計画に基づく環境共生推進事業」の予定はない。

福岡アイランドシティは、博多港の港湾機能強化を目的に、大水深の航路整備で生じる浚渫土砂などを活用して誕生した都市空間。福岡市では、アイランドシティをスマートコミュニティ形成のモデル地区として位置づけており、太陽光などの自然エネルギーを積極的に活用した創エネ・省エネ型のまちづくりを目指している。

【参考】
福岡市 - 平成27年度 福岡市アイランドシティ スマートコミュニティ創造事業補助金

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.