> > 日本の省エネ・再エネ技術 ロシアでの協力事業について官民交えた議論

日本の省エネ・再エネ技術 ロシアでの協力事業について官民交えた議論

 印刷 記事を保存

日本・ロシア両国政府は、4月23日(木)、極東連邦大学(ロシア連邦ウラジオストク)において、両国の省エネ再エネ分野における政策の共有や、産業界による具体的な協力を推進するため、第4回省エネルギー及び再生可能エネルギーに関する日露共同委員会を開催した。

本共同委員会では、両国産業界の参加の下、NEDOによるロシアにおける省エネ・再エネ分野における実証事業をはじめとした両国共同事業の進捗の確認や、日本の民間企業が強みを有する熱電併給技術/a>、スマートグリッド地熱発電などの省エネ・再エネ分野の取り組みを紹介し、特に極東地域における日露間での協力事業の可能性などが議論された。

(※全文:1,101文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.