> > 東北・北海道での大型蓄電池を活用した系統安定化実験 システム概要が公表

東北・北海道での大型蓄電池を活用した系統安定化実験 システム概要が公表

 印刷 記事を保存

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、東北電力および北海道電力・住友電気工業が、風力太陽光発電の普及拡大に向けた系統安定化に向けた取組みとして実施している、大型蓄電池を活用した実証事業についての26年度の事業概要をとりまとめ公表した。

平成24年度大型蓄電システム緊急実証事業の採択を受けて実施しているもので、本事業では再生可能エネルギーの導入可能量の最大化を目指し、一般電気事業者の大型変電設備に接続する形で大型蓄電池を設置しその制御・管理を行う、系統用大型蓄電システムの開発・実証を行うことを目的としている。

東北電力の26年度事業では、2月に西仙台変電所に出力2万kWの大規模蓄電池システムの運転を開始した。今後3年間で系統用蓄電池システムの実証試験を実施する予定。

北海道電力・住友電気工業の26年度事業では、セルスタック等の蓄電池設備の製造・検査を開始した。蓄電池制御システムの製作を開始するとともに、昨年度導入した気象予測システムの予測精度評価を実施した。事業期間は平成31年3月までを予定しており、平成27年度は、蓄電池設備の設置・調整試験等を計画している。

NEPCが公表した平成24年度大型蓄電システム緊急実証事業(平成26年度)成果概要(公開版)の主な内容は以下のとおり。

(※全文:1,743文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.