> > ソフトバンク、再エネでインドに進出 太陽光発電・風力発電の合弁会社設立へ

ソフトバンク、再エネでインドに進出 太陽光発電・風力発電の合弁会社設立へ

記事を保存

ソフトバンクは、インドで太陽光発電風力発電事業に参入する。同社は22日、インドの複合企業バーティ・エンタープライゼズ・リミテッド、台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと、インドで再生可能エネルギーの供給を促進する合弁会社SBGクリーンテックを設立する計画に関して合意したと発表した。今後、諸条件が整い次第、3社は合同でSBGクリーンテックに出資する予定。

SBGクリーンテック(SBG Cleantech Limited)はインドにおける太陽光と風力発電の先駆的な役割を担う会社となる。2022年までに太陽光で100GW、風力で60GWの発電を目指すというインドが掲げる目標に沿って、インドの全地域を対象に投資し、再生可能エネルギーの発電所を展開していく。

また、SBGクリーンテックは、インド政府が掲げる、2022年までに全国民へ24時間365日途切れない電力の供給と再生可能エネルギーの普及目標に貢献していくこととし、2015~2016年次のインド全国レベルや州別の太陽光発電事業の入札に参加する予定。なお、同社は主要な活動拠点をデリーに設置する。

ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は今回の件で下記のように述べている。

「ソフトバンクは、広大な可能性を秘めたインドに注目しており、すでに同国のテクノロジー分野へは多大な投資を実施している。今回の協業でのわれわれのゴールは、クリーンエネルギー市場を創造する会社を作り上げ、クリーンかつ再生可能なエネルギー資源によりインドの経済発展を強力に後押しすること。それぞれの分野でリーダーであるバーティとフォックスコンの両社とともに手を携え、このベンチャー事業を通じて将来のインドの繁栄へ向け努力していきたいと考えている」


インドで大きな可能性を秘める太陽光発電事業

人口の圧倒的な多さ、豊富な日射量、増大するエネルギー需要と電源不足、限りある化石燃料、電力供給のない多くの町村の存在などの要因を考慮すると、インドでの太陽光発電事業は非常に大きな可能性を秘めている。

国土の広さと将来の可能性を考慮するとまだ初期の段階だが、インドでは現在、関連政策の整備と発電事業者、製造業者、デベロッパー、金融機関、研究者などを含めた太陽光発電に関するエコシステムの確立により、基礎となる出力規模3.7GWの太陽光発電を実現している。

インドの太陽光発電は、2015年中には、250%の成長が見込まれている。また、世界的な動きとしては、2015年中には、再生可能エネルギーが化石燃料の成長を追い抜き、風力、太陽光、地熱やその他の再生可能エネルギーによる発電量が記録的な107GWに達する見込み(参照元「India Solar Handbook, 2015」)。

今回提携する2社について

バーティ・エンタープライゼズ・リミティッド(バーティ)は、インドの複合企業で、電気通信、農業ビジネス、金融サービス、小売り、製造などの事業を展開している。グループ会社のバーティ・エアテルは、アジアやアフリカなど20カ国以上に事業を展開しているグローバルな通信事業者。

ソフトバンクは、インドのモバイルインターネット市場を開拓することを目指して、バーティと2011年10月に合弁会社を設立している。

台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループ(フォックスコン:鴻海科技集団)は、電子機器の生産を請け負うEMS事業では、世界トップクラスの企業グループ。

SBGクリーンテックでは、最近までバーティで新規事業部門を率いていたManoj Kohli氏が同社の取締役会長として、Raman Nanda氏がCEOとして就任する予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.