> > 東京都、新潟県の木質バイオマス発電に投資 都内の屋根貸し太陽光発電にも

東京都、新潟県の木質バイオマス発電に投資 都内の屋根貸し太陽光発電にも

 印刷 記事を保存

東京都の舛添要一知事は、21日の記者会見で、都が注力している官民連携再生可能エネルギーファンド事業において、新潟県三条市の木質バイオマス発電事業および都内の屋根貸し太陽光発電事業に投資したと発表した。

本ファンド事業で木質バイオマス発電事業へ投資するのは初めて。舛添知事は、「バイオマス発電は太陽光風力発電と違って天候に左右されない。そういう意味で安定的な再生可能エネルギーで、これに投資する意義は大きいと思っている。今回の発電所建設により、地域の林業振興や雇用創出が図られるなど、官民連携ファンドは地域活性化にも役立っている」と説明する。

また、今後ともファンドを通じた、太陽光、風力、木質バイオマス等の再生可能エネルギーの普及拡大を進めていく考えを示した。

(※全文:1,258文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.