> > 軽井沢町、メガソーラーの設置基準を一部改正 地上設置を対象・2ha以下に

軽井沢町、メガソーラーの設置基準を一部改正 地上設置を対象・2ha以下に

 印刷 記事を保存

長野県軽井沢町は、町内における1,000平方メートルを超える大規模太陽光発電施設を対象とした設置基準を一部改正した。本改正では、1.地上に設置する施設が対象となること、2.一の土地利用行為における計画敷地の合計面積は、原則として2ha以下となること、を追加し、7月15日に適用した。改めて留意するよう呼びかけている。

軽井沢町の太陽光発電施設設置基準について

軽井沢町では自然環境への負荷軽減を推進するために、住宅用太陽光発電システム導入補助事業等を実施しているとともに、同町議会において「再生可能エネルギー利用推進の町」を宣言しており、新エネルギー施設のうち太陽光発電施設については積極的な推進を図るものとしている。

(※全文:1,177文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.