> > 鳥取県も「再エネ」×「水素」の実証実験へ 環境省の補助事業で実施しやすく

鳥取県も「再エネ」×「水素」の実証実験へ 環境省の補助事業で実施しやすく

記事を保存
鳥取県も「再エネ」×「水素」の実証実験へ 環境省の補助事業で実施しやすく

鳥取県は、1月4日に行われた知事定例記者会見で、水素を活用した実証実験を行うため、本田技研工業(東京都港区)・積水ハウス(大阪府大阪市)・鳥取ガス(鳥取県鳥取市)の3社と、1月25日に事業協定を締結する予定であると発表した。

この実証実験では、太陽光発電の自然エネルギーを利用した水素ステーションの設立、およびスマートハウス燃料電池車をつなぐV2Hの実証実験を実施する予定だ。

同県は、このコンソーシアムで行う実証実験で、環境省が実施する2016年度の「再エネなどを活用した水素社会導入事業」に応募し、モデル事業として採択されることを視野に入れている。

同省のこの事業は、下記の3つの事業からなる。

  1. 水素利活用C02排出削減効果等評価・検証事業
  2. 地域連携・低炭素水素技術実証事業
  3. 地域再エネ水素ステーション導入事業

03.は 環境省が経済産業省と連携し、低炭素な水素社会の実現と燃料電池車(FCV)の普及促進のため、再エネ由来の水素ステーションを導入する事業を支援するもの。これに採択された場合、事業費の3/4が補助される。なお、01.と02.は委託事業として実施される。


山陰の積雪・寒冷地という水素エネルギー供給において不利な条件を、鳥取県は「新しいチャレンジ」と捉え、水素エネルギーを活用した新しいライフスタイルの提案をしていきたい考えだ。

【参考】
鳥取県 - 知事定例記者会見(2016年1月4日)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.