> > 太陽光発電の設備認定量、九州でも2015年9月に42万kW減る

太陽光発電の設備認定量、九州でも2015年9月に42万kW減る

 印刷 記事を保存

九州経済産業局は、2015年9月末時点の再生可能エネルギー発電設備の運転開始状況・認定状況を取りまとめ公表した。

九州においても、引き続き太陽光発電が順調に運転を開始し、2012年7月の再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の開始から2015年9月末までに、新たに運転を開始した設備出力は490万kWとなり、累積の設備出力は798万kWに達した。

一方、9月末の九州における再生可能エネルギー発電の認定設備出力は、前月末比で42万kW減の1,861万kWとなり、大幅なマイナスとなった。このうち、太陽光の設備認定出力は前月比42万kW減の1,769万kW、メガソーラーの設備認定出力は前月比41万kW減の867万kW。

FITにおいては、太陽光発電で、収益をあげるために、国の認定を受けた後も事業に着手しない不当な案件があることが指摘されており、経済産業省はこうした案件に対する認定取消の取組みを強化している。これに加えて、7月以降の買取価格の引き下げや新しい出力制御ルールの導入により申請が減少したことによる影響と思われる。

(※全文:1,665文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.