> > 九州の再エネ電源、風力・バイオマスが増加 経済産業局の2015年12月レポート

九州の再エネ電源、風力・バイオマスが増加 経済産業局の2015年12月レポート

記事を保存
九州の再エネ電源、風力・バイオマスが増加 経済産業局の2015年12月レポート

九州経済産業局は、2015年12月末時点の再生可能エネルギー発電設備の運転開始状況・認定状況を取りまとめ公表した。

FIT開始後、新たに運転開始した設備出力は523万kWに

2012年7月の再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の開始から2015年12月末までに、九州において新たに運転を開始した設備出力は523万kW(11月末比10万kW増)となり、累計の設備出力は約831万kWに達した。新たに運転を開始した設備を電源別にみると、太陽光発電は12月末時点で506万kW(11月末比6万kW増)。特にメガソーラーは184万kW(11月末比5万kW増)に達し、九州の再生可能エネルギーの36%を占める。全国でみると、運転を開始したメガソーラーは関東に次いで多く全国の23%を占める。

FIT導入後の運転開始出力の割合は、再生可能エネルギー全体では28.1%で、11月末より0.5ポイントアップした。メガソーラーだけで運転開始出力の割合をみると21.5%だった。

太陽光の新たな設備認定は全国と同様に減少

12月末の九州における再生可能エネルギー発電の認定設備出力は、1,863万kW(11月末比6万kW増)となり、全国8,546万kWの22%を占める。このうち太陽光発電は1,755万kW(11月末比7万kW減)で、メガソーラーは855万kW(11月末比5万kW減)だった。一方、風力発電は11月末比で約6万kW増の33万kW、バイオマス発電は約7万kW増の56万kWとなった。

太陽光発電の運転開始出力及び認定出力状況(九州)

太陽光発電の運転開始出力及び認定出力状況(九州)

経済産業省が先月発表した2015年12月末時点のFITにおける再生可能エネルギー発電設備の導入状況でも、12月に新たに設備認定を受けた非住宅用太陽光は「-39万kW」で、9カ月連続のマイナスとなっている。買取価格の引き下げや、新しい出力制御ルールの導入による申請の減少、認定取消の強化による影響と考えられる。

九州各県別に設備認定を受けた出力をみると、もっとも多かったのは鹿児島県の420万kWで、次いで宮崎県、熊本県の順。また、新たに運転開始した発電施設出力を全国的にみた場合、12月末時点で九州各県は上位32県に入っており、福岡県は茨城県に続いて全国第2位。次いで鹿児島県(7位)、熊本県(13位)の順となっている。

【参考】
九州経済産業局 - 九州地域における再エネ発電設備の認定状況及び運転状況(平成27年12月末時点)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.