> > 群馬県、住宅向けの太陽光発電・蓄電池に融資制度 利率は年1%

群馬県、住宅向けの太陽光発電・蓄電池に融資制度 利率は年1%

記事を保存

群馬県は5月27日、日照時間が長いという群馬県の特性を活かして、再生可能エネルギーの普及を促進するため、住宅に設置する太陽光発電設備蓄電池を設置する個人を対象とした低利の融資制度を創設した。

制度の名称は「群馬県住宅用太陽光発電設備等導入資金」。内容は以下のとおり。

蓄電池を併設する場合は300万円まで融資

対象者は県内に居住し、自ら居住する住宅に対象設備を設置する個人(転入予定者も含む)。設備の購入・設置工事に着手する前に申請する必要がある。対象になる設備は、1kW以上10kW未満の住宅用太陽光発電設備と、あわせて導入する家庭用蓄電池。どちらも未使用品でなければならない。

融資限度額は太陽光発電設備のみ導入する場合は20万円、蓄電池を併設する場合は300万円まで。融資期間は10年以内で、利率は年1%(償還期間を通して固定金利)。県による融資枠は3億円まで。

利用したい場合は、県内の金融機関(銀行・信用金庫・信用組合など)に申込み、各金融機関の審査を受ける必要がある。受付開始時期は金融機関により異なるので、事前に問い合わせること。

【参考】
群馬県 - 「群馬県住宅用太陽光発電設備等導入資金」を創設しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.