> > 福島県、今年もペレットストーブ・薪ストーブに補助 台数65→100台に

福島県、今年もペレットストーブ・薪ストーブに補助 台数65→100台に

 印刷 記事を保存

福島県は4月26日、再生可能エネルギーの利用を推進し、地域での資源の循環づくりを進めるため、ペレットストーブや薪ストーブの購入・設置費用の一部を補助する「平成29年度 バイオマス暖房でCO2ダイエット事業」の公募を、6月5日より開始すると発表した。

本事業は、森林の整備により発生する間伐材や木材加工残材などの木質バイオマス資源を活用した再生可能エネルギーの利用を推進することを目的とし、ペレットストーブや薪ストーブの購入・設置費用のうち、5万円を補助するもの。

補助台数は、65台から100台に増加

今年度の補助台数は100台。昨年度の65台から、35台増量された。昨年度は、募集開始から10日あまりで、すでに補助台数の8割以上の応募があった。

応募できるのは、下記の条件を満たす者。

  1. 申請時点で福島県内に住所を有し居住している個人、事業所などを有する事業者、または福島県内で主に活動する団体
  2. 2017年12月18日(月)までに福島県内の住居や事務所、店舗等にペレット・薪ストーブを設置する事が可能な個人、事業者または団体
  3. ストーブの設置後、使用状況等について、簡単なモニターに協力できる者
  4. 過去に同事業の補助金交付を受けたことがない者

補助金は、1名(1事業者)につき1台限りで、ペレットストーブ、薪ストーブ(二次燃焼構造を有するもの限定)1台あたり5万円。

今年度の公募期間は、2017年6月5日(月)~11月30日(木)。期間内でも補助台数に達した日で募集は終了となる。申請手続きは、同県の各エリア8ヶ所の農林事務所で行う。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.