> > 宮古島の空港、太陽光発電+水素ステーション ほか4件に補助金

宮古島の空港、太陽光発電+水素ステーション ほか4件に補助金

記事を保存

環境省は15日、低炭素な水素社会の実現と、燃料電池自動車の普及・促進のため、再エネ由来の水素ステーションの導入に対して支援を行う「平成28年度地域再エネ水素ステーション導入事業」の2次募集で、4件を採択したと発表した。

太陽光発電で水素を製造する宮古空港

このうち、宮古空港の旅客ターミナルを運営する宮古空港ターミナル(沖縄県宮古島市)による事業では、同地において、スマート水素ステーション(水素製造量1.5kg/日、常用圧力35MPa)を導入する。また、水素製造に必要な全電力は他の補助事業で導入した、独立型再生可能エネルギー(太陽光発電)を活用する。陸路で充塡可能な既存水素ステーションは存在せず、沖縄本島および他の離島へ使用地域の拡充が期待される。

さらにこの事業では、同空港乗降客(年間134万人)に燃料電池車(FCV)体験試乗や環境をテーマとした音楽イベントの音響機器電源をFCV外部給電により実施し、観光客や住民へ普及拡大を図る計画だ。

(※全文:1077文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.