> > 神奈川県逗子市、市役所などに太陽光発電・蓄電池を設置する提案募集

神奈川県逗子市、市役所などに太陽光発電・蓄電池を設置する提案募集

記事を保存
神奈川県逗子市、市役所などに太陽光発電・蓄電池を設置する提案募集

神奈川県逗子市は、市庁舎などに蓄電池設備や太陽光発電設備などの再生可能エネルギーを導入する事業者の募集を、公募型プロポーザルにより実施している。

この「逗子市再生可能エネルギー導入事業」は、災害による停電時の電力確保を目的とし、神奈川県再生可能エネルギー等導入推進基金を活用し実施されるもので、蓄電池設備を市役所庁舎に、太陽光発電設備と蓄電池設備を消防本部庁舎に導入するもの。

事業概要は下記の通り。

逗子市役所に蓄電池設備を導入する事業

事業費の上限は1,350万円(税込)

逗子市消防本部に太陽光発電設備および蓄電池設備を導入する事業

事業費の上限は2,310万円(税込)

どちらの事業も、導入設備の設計から工事監理および施工を実施し、工事の完成期限は、2017年3月17日(金)まで。また、事業内容には、東京電力(東京都千代田区)への系統連系協議に必要な書類の申請や調整、設備の通常使用時および停電時の操作マニュアルの作成、操作や日常の保守点検を行うための研修の実施も含まれる。

また、応募者は提案時に、各設備の機能の記載とともに、カタログとパンフレットも提出しなければならない。

参加資格は、同県内に事業所を持つ企業で、2015・2016年度の同市の競争入札参加資格審査において、「電気工事」の「A」「B」または「C」等級に区分され、かつ官公庁発注による工事実績を持つ事業者。

応募者は、8月23日(火)までに参加意向申出書等を提出する。現地見学会は、8月25日(木)、26日(金)に実施され、電話予約が必須だ。その後、提案書等の提出期間は9月14日(水)から9月16日(金)まで。採択事業者の決定は10月中旬の予定だ。

【参考】
逗子市 - 逗子市再生可能エネルギー等導入事業に係る公募型プロポーザル

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.