> > 住宅用太陽光発電と蓄電池の最適制御 商材の流通も拡大

住宅用太陽光発電と蓄電池の最適制御 商材の流通も拡大

記事を保存

MOVIMAS(東京都新宿区)は7日、再生可能エネルギー分野におけるIoTの取り組みとして、オムロンと協業し、住宅用太陽光発電蓄電池を組み合わせて、需給バランスを最適に制御するマネージメントサービス「MOVIMAS ENG」の提供を開始すると発表した。

この協業において、MOVIMASは、オムロンの一次代理店としてオムロン製の住宅用太陽光発電向けパワーコンディショナとハイブリッド蓄電システムの提供を受ける。また、再生可能エネルギーの遠隔監視システムと蓄電制御システムをオムロンと共同開発し、MOVIMAS IoTプラットフォームサービスの1ラインナップとして「MOVIMAS ENG」サービスを提供する。今後は、両社で遠隔指示による蓄電池の充放電制御の実証などを推進していく予定。サービスの提供開始は2016年冬を予定している。

MOVIMAS ENGは、従来の太陽光発電や小水力発電地熱発電などの再生可能エネルギー発電システムと蓄電システムを組み合わせたハイブリッドエネルギーマネージメントシステム。IoTを利用した発電量の監視や、蓄電システムへの充放電指示(出力固定の設定)を行う。昼夜間の電力シフトによる地域保有電力の最大活用が可能となる。

(※全文:1003文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.