> > 相互連携して需給調整するマイクログリッド 電力使用量を分散調整する新手法

相互連携して需給調整するマイクログリッド 電力使用量を分散調整する新手法

 印刷 記事を保存

鳥取大学は11月24日、スマートメーター間の通信を利用することで大量の情報を集約・管理するプロセスを省き、分散的に電力使用量を調整する手法を開発したと発表した。

再生可能エネルギーを含む複数の発電と蓄電によって構成される電力システムは、発電量が大きく変動するため、電力需要ピーク時に需要家へ節電を促すデマンドレスポンスを導入するなど、日々の電力需給のバランスを調整する対策が必要だ。

デマンドレスポンスを実施するには、需要家全体からの情報を集約し、大量のデータを処理するため、高性能なサーバーや高速な通信回線の導入および運用が不可欠となる。

しかし、特に、小規模な電気事業者やマイクログリッドでは、このような情報インフラの導入や運用は大きな負担であり、この問題を解決する新たな手法の開発が求められてきた。

スマートメーター同士が情報交換、価格など調整

開発された手法の具体的な手順と検証の概要は下記のとおり。

(※全文:1695文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.