> > 鹿児島県南九州市、再エネ発電設備にガイドライン 災害防止など狙う

鹿児島県南九州市、再エネ発電設備にガイドライン 災害防止など狙う

 印刷 記事を保存

鹿児島県南九州市は4月21日、太陽光発電風力発電水力発電などのすべての再生可能エネルギー発電設備の設置に関するガイドラインを策定し、5月1日より運用を開始すると発表した。

今後、再エネ発電設備の設置を計画する事業所に対して、ガイドラインに基づき、事業に着手する日の90日前までに、事業計画書、位置図、計画平面図、各種施設設計図などの提出を求める。

ただし太陽光発電設備については、計画面積1,000平米以上のものが対象となる。

災害防止、景観保全などが目的

このガイドラインには、同市内において再エネ発電設備を設置する事業者が、計画段階において検討すべき事項として、災害の防止、良好な景観の保全、生活環境の保全を図るための配慮事項等が示されている。

発電設備の設置に伴う災害の防止では、急傾斜地・周辺への設置は災害防止の観点から極力避けることや、土地の形質の変更は最小限に留めること等としている。

良好な景観の保全では、色彩については、周囲の景観と調和を考慮して、低明度および低彩度のものを使用し、特に太陽光モジュールは、低反射で模様が目立たないものを使用すること等をあげている。

その他、事業者に対して計画概要が明らかになった時点で、近隣関係者等に対する説明会を開催することや、事業内容の概要や問い合わせ先を記載したお知らせ看板を、事業に着手する前から工事が完了する日まで、敷地内の見やすい場所に設置すること等を求めている。

特に大規模な太陽光発電を懸念

近年大規模な太陽光発電設備等において周辺環境への影響について懸念されるケースが各地で見受けられるようになっている。

南九州市においても、同様のケースが顕著となっているため、自然環境や生活環境等に配慮するとともに、環境保全を図るためこのガイドラインを策定した。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.