> > さいたま市、電気自動車に5万円・燃料電池車に50万円の補助金

さいたま市、電気自動車に5万円・燃料電池車に50万円の補助金

 印刷 記事を保存

埼玉県さいたま市は6月21日、電気自動車(EV)等の普及施策の一環として、EVや燃料電池自動車(FCV)を導入する市民・事業者に対する補助金の申請受付を開始したと発表した。

1台当たりの補助金交付上限は、EVが5万円、FCVが50万円。補助予定台数は、EV50台程度、FCV15台程度。申請受付期間は2018年3月20日(火)まで。受付期間中であっても、予算額に達した場合にはその時点で終了となる。

EVは急速充電器利用が可能なもの

補助対象車両は、EV(四輪車以上のEVで、搭載する電池がリチウムイオン電池であり、かつ、EV用急速充電器の利用が可能なもの)とFCV(四輪車以上の燃料電池によって駆動される電動機を原動機とするもの)。

ただし、三菱i-MiEV(アイミーブ) 、三菱MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)、三菱MINICAB-MiEV TRUCK(ミニキャブ・ミーブトラック)場合、急速充電機能が追加されているものが対象になる。

(※全文:973文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.