> > 東芝、VPP事業化に向け社長直轄の新組織 アグリゲータサービスめざす

東芝、VPP事業化に向け社長直轄の新組織 アグリゲータサービスめざす

 印刷 記事を保存

東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は、太陽光発電所風力発電所のデジタル化と、需要家側の負荷と分散電源を効果的に制御するエネルギーマネジメントシステムを核としたバーチャルパワープラント(VPP)の早期事業化に向け1月1日付で新組織を設立した。

太陽光発電システム事業、風力システム事業と、IoT技術を使った需要家エネルギーマネジメント事業の3部門を統合し、社長直轄組織として「エネルギーアグリゲーション統括部」を新設した。これにより、太陽光発電システムや風力発電、電力の需給管理システムなどの既存事業で培ってきた知見とIoT技術を駆使し、VPPの早期事業化を目指す。

(※全文:996文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.