> > 75MWの木質バイオマス発電所、福島県で着工 燃料はPKS、木質ペレット

75MWの木質バイオマス発電所、福島県で着工 燃料はPKS、木質ペレット

エア・ウォーター&エネルギア・パワー小名浜(福島県いわき市)は1月11日、同市内で小名浜バイオマス発電所の建設工事に着工したと発表した。2021年4月に営業運転を開始する予定。

同発電所は、産業ガスメーカーであるエア・ウォーター(大阪府大阪市)のグループ会社である日本海水(東京都千代田区)の小名浜工場内に設置する。発電出力は7万5000kW(発電端)。発電方式は循環流動層ボイラ(CFB)。使用燃料は木質バイオマス専焼(パーム椰子殻木質ペレット)。

2017年9月に環境影響評価手続きを終了し、当初の予定では、2018年11月頃の建設工事開始、2020年12月頃の営業運転開始を目指していた。

なお、エア・ウォーター&エネルギア・パワー小名浜は、エア・ウォーターと中国電力(広島県広島市)の共同出資により2017年10月に設立された会社。運営会社の出資比率はエア・ウォーターが51%、中国電力が49%。

(※全文:927文字 画像:なし 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.