地震で停電しても、雨でも10日間は大丈夫な防災配慮住宅 大和ハウスが新発売

  • 印刷
  • 共有
こちらをクリックすると拡大します
こちらをクリックすると拡大します

大和ハウス工業(大阪府大阪市)は、日本初という、雨天でも約10日間の停電に対応できる「全天候型3電池連携システム」を搭載した、防災配慮住宅「災害に備える家」を4月1日に全国で発売すると発表した。

「太陽電池+燃料電池+蓄電池」の3電池を搭載

「全天候型3電池連携システム」は、太陽光発電システムと家庭用燃料電池エネファーム、家庭用リチウムイオン蓄電池を、新たに開発した「切換盤」で連携させたシステムだ。これにより、停電時の電力と暖房・給湯を確保するとともに、通常時の光熱費を大幅に削減する。この「切換盤」を新開発したことで、日本で初めて停電時に、エネファームの発電電力を、家庭用リチウムイオン蓄電池に蓄えるほか、家庭内で使うことができるようにした。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報