> > 地震で停電しても、雨でも10日間は大丈夫な防災配慮住宅 大和ハウスが新発売

地震で停電しても、雨でも10日間は大丈夫な防災配慮住宅 大和ハウスが新発売

大和ハウス工業(大阪府大阪市)は、日本初という、雨天でも約10日間の停電に対応できる「全天候型3電池連携システム」を搭載した、防災配慮住宅「災害に備える家」を4月1日に全国で発売すると発表した。

「太陽電池+燃料電池+蓄電池」の3電池を搭載

「全天候型3電池連携システム」は、太陽光発電システムと家庭用燃料電池エネファーム、家庭用リチウムイオン蓄電池を、新たに開発した「切換盤」で連携させたシステムだ。これにより、停電時の電力と暖房・給湯を確保するとともに、通常時の光熱費を大幅に削減する。この「切換盤」を新開発したことで、日本で初めて停電時に、エネファームの発電電力を、家庭用リチウムイオン蓄電池に蓄えるほか、家庭内で使うことができるようにした。

(※全文:1533文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.