> > 東北電力と新潟市が連携 小・中学校の太陽光発電+蓄電池でVPP実証

東北電力と新潟市が連携 小・中学校の太陽光発電+蓄電池でVPP実証

東北電力(宮城県仙台市)と新潟県新潟市は4月17日、環境負荷の抑制や地域の防災力強化を目的に、仮想発電所(バーチャルパワープラント/VPP)を活用した再生可能エネルギーの有効利用に連携して取り組むと発表した。

今回の取り組みでは、東北電力がこれまでに実施してきたVPP実証プロジェクトで得られたノウハウ等を活かし、新潟市の保有する太陽光発電設備と蓄電池を遠隔監視・最適制御する。

具体的には、太陽光発電システム(出力10kW)と蓄電池(容量15kWh)が設置されている新潟市内の小中学校5カ所を対象に、東北電力のVPP実証プロジェクトのシステムを用いて、太陽光の発電電力量や蓄電池の残量などを常時監視する。また、防災機能を損なうことなく、各学校の電力の使用状況などを踏まえて、太陽光発電設備や蓄電池を最適に制御する。

(※全文:1447文字 画像:あり 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.