> > コロナ、ECHONET Lite対応商品を拡充 卒FIT電力を「自家消費」に

コロナ、ECHONET Lite対応商品を拡充 卒FIT電力を「自家消費」に

コロナ(新潟県三条市)は5月13日、スマートハウス向け通信規格「ECHONET Lite」に対応した商品を拡充するとともに、固定価格買取制度(FIT)による買取期間が満了(卒FIT)する住宅用太陽光発電の自家消費に向けた取り組みを強化すると発表した。

ECHONET Lite対応商品の拡充では、国が推進する住宅のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化にも対応する。

同社の省エネ給湯機エコキュートでは、太陽光発電の余剰電力を積極的に活用する機能のひとつとして「ソーラーモードプラス」を搭載している。「ソーラーモードプラス」は、専用HEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)を介して天気予測データを入手し、翌日の天気や前日までの電力消費パターンから、太陽光発電による余剰電力量をAIにより予測。

(※全文:1443文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.