燃料電池+蓄電池のハイブリッド電車 JR東日本が鶴見線・南武線で実証へ

  • 印刷
  • 共有
イメージ図
イメージ図

東日本旅客鉄道(JR東日本/東京都渋谷区)は6月4日、水素をエネルギー源とする燃料電池(FC)と、蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載した車両を開発し、営業路線で実証試験することを発表した。

1回の水素充填で約140km走行

同実証実験に使用される車両の燃料電池は、固体⾼分⼦型:180kW×2(-10℃程度から起動可能)、蓄電池は、リチウムイオン電池:25kWh×2。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報