> > 中国電力・明電舎・マツダ、EV蓄電池のリユース品でVPP実証試験

中国電力・明電舎・マツダ、EV蓄電池のリユース品でVPP実証試験

中国電力(広島県広島市)、明電舎(東京都品川区)、マツダ(広島県安芸郡)は10月17日、電気自動車(EV)の駆動用バッテリーをリユースした定置型蓄電池システムの構築と、これを活用したバーチャルパワープラント(VPP)実証試験に共同で取り組むこととし、共同研究契約を締結したと発表した。

実証試験では、EVの駆動用バッテリーを VPP のリソースとしてリユースする可能性を検証するため、複数の駆動用バッテリーを統合制御するシステムを構築し、再エネを含む分散型電源などと組み合わせて制御することで、応答性、蓄電池の劣化特性などを評価する。これにより、再エネの最大限活用、需給バランス制御などにつながる制御技術の獲得を目指す。

具体的には、太陽光発電電気自動車(EV)・電気温水器等を統合制御する実証を行っている、中国電力エネルギア総合研究所(広島県東広島市)に、新たなリソースとしてEVの駆動用バッテリーをリユースした定置型蓄電池システムを設置し、実証試験を行う予定だ。

電力系統の品質維持・再エネ有効活用など検証

同実証試験における検証内容の一例は、下記の通り。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.