> > 「卒FIT」開始、資源エネ庁が注意事項を周知 問い合わせ窓口も設置

「卒FIT」開始、資源エネ庁が注意事項を周知 問い合わせ窓口も設置

出典:資源エネルギー庁 卒FIT関連情報提供ウェブサイトより

資源エネルギー庁は11月1日、同日より順次固定価格買取制度(FIT制度)による買取期間が満了する住宅用太陽光発電設備を対象とした余剰電力買取サービスについて、手続き方法や買取期間満了後(卒FIT後)の選択肢など、今後注意すべき事項について周知した。

事業者により買取価格には大きな差も、何をどうすれば良い?

卒FIT後、引き続き売電を希望する場合、売電先については、旧電力会社だけでなく、地域新電力や住宅メーカー系など多くの事業者がさまざまなサービスを展開している。1kWhあたりの買取価格帯も幅広く、倍近くの開きが生じることもある。さらに、地域の特産品との交換サービスや、売った電力を地域の小学校などで利活用できるサービスもある(環境ビジネスオンラインコラム【資料DLあり】「卒FIT」開始!各社の余剰電力買取サービス比較一覧)。蓄電池が不要な仮想蓄電池タイプも充実してきており、卒FIT後、利用者のライフスタイルに合わせた電気の使い方を選ぶことが可能だ。

なお、卒FIT後の選択肢としては、上記のような売電も含め以下の2つがある。

  • 電気自動車蓄電池などと組み合わせ、自宅などの電力として自家消費をする
  • 家庭と小売電気事業者などが、個別に契約を結び(相対・自由契約)、余った電力を売電する

また、手続き上の注意事項は、以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.