> > 東京ガス、グループの太陽光発電・蓄電池・ガスコージェネでVPP運用開始

東京ガス、グループの太陽光発電・蓄電池・ガスコージェネでVPP運用開始

東京ガス(東京都港区)は1月8日、グループ事業所に分散設置されている太陽光発電(PV)、蓄電池、ガスコージェネレーションシステム(CGS)を、遠隔自動制御システムを活用して自動で統合制御するバーチャルパワープラント(VPP)を実用化し、運用を開始したと発表した。

東京ガス横浜研究所と平沼ビル(神奈川県横浜市)のPV電力利用も考慮した建物電力負荷に応じ、幕張地域冷暖房センターのCGSで発電した電気を、一般電気事業者の送配電ネットワークを介して(自己託送により)送電するもの。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.