> > 住宅の太陽光発電とEVを活用し、余剰電力を地域へ融通 長野で実証実験

住宅の太陽光発電とEVを活用し、余剰電力を地域へ融通 長野で実証実験

(出所:ミライト、エネット、シーシーディ)

ミライト(東京都江東区)、新電力のエネット(東京都港区)、シーシーディ(東京都千代田区)の3社は3月31日、省エネ型住宅に設置した太陽光発電電気自動車(EV)を活用し、余剰電力を地域コミュニティへ供給する「電力融通」の実証実験を開始した。実施期間は2021年3月31日まで。

同実証実験では、長野県北佐久郡軽井沢町の省エネ型一般住宅1戸に、太陽光発電設備とEV用パワーコンディショナー(三菱電機製SMART V2H)を設置。太陽光発電の電力をEVに充電するとともに、余剰電力を指定時間帯に放電し、エネットを通じてシーシーディが運営するドコモショップ軽井沢店に供給。電力融通を実現する。

この実証では電力融通を実現するため、EVを大型蓄電池として活用する。蓄電池容量は30kWh。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 54 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.