> コラム > 水熱源・空気熱源のヒートポンプ併用で生産工程導入が可能に
99%のCO2削減を可能にする「電化ファクトリー」

水熱源・空気熱源のヒートポンプ併用で生産工程導入が可能に

環境ビジネス編集部

記事を保存

水熱源・空気熱源のヒートポンプ併用で生産工程導入が可能に

ヒートポンプ

ゆで工程の給湯を行う空気熱源のヒートポンプは、普通は外に設置するところを工場内の出荷準備室に設置して一石二鳥の結果を得た。吸熱による冷却効果で、準備室の食品の安全レベルと作業環境の向上も実現


加ト吉新潟魚沼工場

加ト吉新潟魚沼工場は、加ト吉の国内直営工場の中で最大の生産量を誇る

加ト吉新潟魚沼工場が排出している燃料由来のCO2は、年間1万8408トン(2007年度)だ。加ト吉直営の国内工場の中で最大の生産規模を誇るため、CO2削減に向けた取り組みを他工場に先駆けて行ってきた。

その一環として、2009年3月より水熱源と空気熱源の2種類のヒートポンプを、冷凍麺のゆで工程と無菌包装された米飯の冷却工程に導入している。

新潟魚沼工場の近藤武夫氏は、「化石燃料でお湯を作るのと比べるとヒートポンプは大幅なCO2削減ができます。これを機に工場の電化を進め、クリーンなエネルギーへの燃料転換をしていきたい」とその意図を話す。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

99%のCO2削減を可能にする「電化ファクトリー」 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.