> コラム > 気化式加湿器導入で不良品率3%未満を目指す
99%のCO2削減を可能にする「電化ファクトリー」

気化式加湿器導入で不良品率3%未満を目指す

環境ビジネス編集部

記事を保存

気化式加湿器導入で不良品率3%未満を目指す

気化式加湿器

新塗装工場の塗装ブース内用の気化式加湿器。細かな湿度の調整を可能にした

自動車のサイドミラーの生産を主に行っている市光工業ミラー製造所では、2009年5月より新たな塗装工場が稼働を開始した。そこでは塗装ブース内の空調設備としてヒートポンプを用いた気化式加湿器を導入。ボイラの蒸気を使った加湿システムに比べて湿度の細かな調整ができる気化式加湿器は製品の不良を低減し、CO2の削減にも貢献している。

作業工程の自動化で3トンボイラ2基を廃止

市光工業ミラー製造所では、1990年代より塗装工程の自動化を開始し、蒸気レス化とCO2の削減に乗り出している。2003年には工場の空調と生産用に使われていた3トンボイラ3基のうち2基を廃止。かわりに高効率な2トンボイラを2基導入して工場内の用途にあてている。

2009年5月から稼働している新塗装工場では、さらに蒸気レス化を進めるため、今までボイラの蒸気を使って加湿していたところを、水を直接機械に滴下し、室内の湿度を調節することができる気化式加湿器を導入した。「最初は電気を利用して蒸気を作る電極式蒸気加湿器の導入も検討していました。しかし、気化式加湿器に比べて消費電力が多かったため、ヒートポンプも併用して効率的に加湿と空調の管理ができる気化式を採用しました」と市光工業ミラー製造所・工務部工務技術課主管の佐藤正弘氏は話す。

蒸気レス空調システム[高効率ヒートポンプ+気化式加湿器]
  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

99%のCO2削減を可能にする「電化ファクトリー」 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.