> コラム > 環境ビジネス2012~2015求人動向 ~2016年以降の求人トレンドを読み解く~

環境ビジネス2012~2015求人動向 ~2016年以降の求人トレンドを読み解く~

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

近年の太陽光発電業界を中心とした環境ビジネス業界の求人トレンドを分析。太陽光バブルから、九電ショックを経た業界の求人トレンドを長期的に解析することで、日本版エネルギーヴェンデ元年とも言える2016年の電力自由化以降の求人トレンドを読み解く。

FITをきっかけに、太陽光の求人ブーム到来

2012年7月FIT(再生可能エネルギー 固定価格買取制度)をきっかけに太陽光プラント建設ブームが起き、外資系大手パネルメーカーとEPC会社、建材商社を中心に求人ブームが到来。もともと東北復興工事と東京オリンピック特需により建設関係人材不足が顕著だったタイミングに、太陽光プラント建設ブームが発生したため、人手不足で新たな受注ペースを抑える太陽光発電プラント建設企業もあったほどだ。

(※全文:2,703文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.