> コラム > 加熱する風力発電市場の人材需要 - 環境業界就職トレンド動向(4)

加熱する風力発電市場の人材需要 - 環境業界就職トレンド動向(4)

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2020年までに約1,200万kW、2050年7,500万kWもの導入目標を行政が掲げている「風力発電」。2050年の目標値を達成すれば、全国の電力消費量の約20%をまかなうほどの規模になります。太陽光発電市場が少しずつ安定期に入っていく中、次のビジネスモデルとして風力発電市場が注目されています。今回は「風力発電」に関する市場動向・将来性と、風力発電分野で求められている人材像についてお話したいと思います。(同じテーマで7月7日にセミナーを開催します。詳しくはこちらをご覧下さい。

(※全文:1918文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

環境ビジネスキャリア(かんきょうびじねすきゃりあ)

環境ビジネスキャリアとは、弊誌が主宰する環境・エネルギー分野に特化した転職支援サービスです。再生可能エネルギー、省エネビジネス、次世代環境自動車、蓄電池、排出権取引ビジネスに参入する会社の人材採用支援、事業支援。

個別でご相談を希望される方は、環境ビジネスキャリアのキャリアコンサルタントに、お気軽にお問い合わせください
https://www.kankyobiz-career.jp/entry/entry.html


企業様で、人材戦略のご相談等がありましたらこちら
https://www.kankyobiz-career.jp/business


▼エグゼクティブ向けの求人情報はこちら
https://www.kankyo-business.jp/job/


記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.