> コラム > アセスメントの人気者?激増する風力発電所の設置
リーガル・ポイント ~環境訴訟の現場から 

アセスメントの人気者?激増する風力発電所の設置

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

環境法のなかの重要な個別法律として、環境影響評価法がある。1997年に制定され、もうすぐ20年を迎える。この法律の下で、多くの事業に関して、環境アセスメントがされてきた。

水質の保全については水質汚濁防止法があり、大気の保全については大気汚染防止法がある。自然の保護については自然公園法があり、鳥獣の保護については鳥獣保護法がある。このように、個別の分野に関する法律が整備されているにもかかわらず、環境アセスメントという作業が義務づけられている。

(※全文:2020文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

北村 喜宣(きたむら・よしのぶ)

上智大学法科大学院長

神戸大学法学部卒業。横浜国立大学経済学部助教授などを経て、2014年より現職。専攻は環境法学・行政法学。2015年まで司法試験考査委員(環境法)。著書として『環境法』(有斐閣、2015年)、『環境法〔第3版〕』(弘文堂、2015年)、『環境法政策の発想』(レクシスネクシス・ジャパン、2015年)など。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.