> コラム > アセスメントの人気者?激増する風力発電所の設置
リーガル・ポイント ~環境訴訟の現場から 

アセスメントの人気者?激増する風力発電所の設置

環境法のなかの重要な個別法律として、環境影響評価法がある。1997年に制定され、もうすぐ20年を迎える。この法律の下で、多くの事業に関して、環境アセスメントがされてきた。

水質の保全については水質汚濁防止法があり、大気の保全については大気汚染防止法がある。自然の保護については自然公園法があり、鳥獣の保護については鳥獣保護法がある。このように、個別の分野に関する法律が整備されているにもかかわらず、環境アセスメントという作業が義務づけられている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

リーガル・ポイント ~環境訴訟の現場から  バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.