> コラム > まぶしさの限界 判断が分かれたソーラーパネル訴訟
リーガル・ポイント ~環境訴訟の現場から 

まぶしさの限界 判断が分かれたソーラーパネル訴訟

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

景観問題より、反射光による被害が問題

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(FIT法)2条4項は、「再生可能エネルギー源」を6種類掲げるが、太陽光は一番目に出てくる。発電にあたって環境負荷を発生させることが少ない太陽光は、まさに優等生である。

とりわけ、2011年8月にFIT法が制定されてからの発電施設の設置数の伸びには、目を見張るものがある。

(※全文:1206文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.