> コラム > まぶしさの限界 判断が分かれたソーラーパネル訴訟
リーガル・ポイント ~環境訴訟の現場から 

まぶしさの限界 判断が分かれたソーラーパネル訴訟

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

景観問題より、反射光による被害が問題

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(FIT法)2条4項は、「再生可能エネルギー源」を6種類掲げるが、太陽光は一番目に出てくる。発電にあたって環境負荷を発生させることが少ない太陽光は、まさに優等生である。

とりわけ、2011年8月にFIT法が制定されてからの発電施設の設置数の伸びには、目を見張るものがある。風力や水力などその他のエネルギー源を用いた発電設備が、一般家庭に手軽に設置するわけにはいかないのに対して、太陽光発電のためのパネルは、多くの戸建て住宅に設置されている。実は、わが家にも3kWの設備がある。

(※全文:1,693文字 画像:なし 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

北村 喜宣(きたむら・よしのぶ)

上智大学法科大学院長

神戸大学法学部卒業。横浜国立大学経済学部助教授などを経て、2014年より現職。専攻は環境法学・行政法学。2015年まで司法試験考査委員(環境法)。著書として『環境法』(有斐閣、2015年)、『環境法〔第3版〕』(弘文堂、2015年)、『環境法政策の発想』(レクシスネクシス・ジャパン、2015年)など。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.