> コラム > バイオマス・ガス発電の基本的解説と参入の可能性

バイオマス・ガス発電の基本的解説と参入の可能性

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

我が国に固定価格買取制度が導入されて丸5年が経過する。この間、太陽光発電は飛躍的な普及を果たし、関連産業はバブル的な好景気に沸いた。太陽光発電が頭打ちとなった中、バイオマス発電にポスト太陽光としての期待が寄せられている。バイオマス発電への新規参入は、魅力的な選択肢となりうるのだろうか。

(※全文:2358文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

三嶋大介氏(みしま・だいすけ)
三嶋大介氏(みしま・だいすけ)
株式会社アーセック 代表取締役
バイオガスプラントメーカーである㈱リナジェンより事業組成部門を分離・独立。バイオガス発電等、地域に根差した資源循環コンサルティングを実施中。技術士(衛生工学/廃棄物管理)
 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ