再エネで拓く農業ビジネス

営農に小水力・バイオマスを取り入れる際の基本的視点

ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について取り上げてきた本連載。今回は「農業と自然エネルギー」という視点から少し視野を広げ、農業と密接な関係性がある自然エネルギー源として、小水力発電とバイオマスの活用について取り上げていただいた。

小水力発電では地域での合意形成が重要

小水力発電は、発電事業のための水利権をどのように確保するかが事業化の大きな課題であるが、農業用水を用いることで河川水を直接利用するといったケースよりも、水利権の設定がしやすくなる。農業用水の確保は社会における最重要課題であり、その権利は強く保護されている。いい換えれば、農業用水を管理している立場の農業者であれば、その水を利用した小水力発電も行いやすいということだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報