再エネで拓く農業ビジネス

世界におけるソーラーシェアリングの活用事例とは?

日本初の取り組みとして海外でも広がりを見せるソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)だが、ここ数年は特に東アジアで注目されはじめている。今回は、海外におけるソーラーシェアリング事情に焦点を当てる。

2018年12月、台北市にある台湾大学においてソーラーシェアリングを含めた農業と再生可能エネルギーに関する取り組みを対象とした、国際フォーラムが開催された。台湾の事例としては畜舎や養殖池に設置された太陽光発電設備や、畜産バイオガス、調整池を利用した浮体式・着床式の水上太陽光発電についての報告があり、農林漁業と再生可能エネルギーを組み合わせた事例が各地で行われていた。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報