再エネで拓く農業ビジネス

最終回・ソーラーシェアリングをきっかけとした農業参入

作物の栽培と発電事業を同時におこなうソーラーシェアリングの実践者である馬上 丈司氏に、ソーラーシェアリングの基礎事項から実践例までを紹介いただいた本連載。最終回となる今回は、ソーラーシェアリングを契機とした、他業種からの農業への参入の現状と、日本の農業に対する可能性を解説いただく。

徐々に増加する他業種からのソーラーシェアリング参入

ソーラーシェアリング事業において、事業化の際の相談事項として増えてきているのが、農業への新規参入である。2017年頃から、太陽光発電の施工業者のほか、新たに農業への参入を図る傍らでソーラーシェアリングに取り組みたいという話も多くなってきている印象がある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報