> コラム > プラスチック「水平リサイクル」の定義とは? 目指すゴールとその本質
水平リサイクルの意義 ごみ減量から価値創造へ

プラスチック「水平リサイクル」の定義とは? 目指すゴールとその本質

近年「水平リサイクル」が注目を集めているがその定義は厳密には定まっていない。大方に受け入れられている説明としては、使用済みの製品を回収再資源化して元の製品を製造することと理解されているが、厳密に考えると曖昧さが残っている。

(シリーズ「水平リサイクルの意義 ごみ減量から価値創造へ」第2回/第1回はこちら

030063-000

水平リサイクルの定義

どの程度「戻せば」良いのか?

まず、製品は多種類の素材で構成されることが通常であるが、その全ての素材について元の製品の原料とすることは困難である。PETボトルについて水平リサイクルと言われている事業においてもキャップ、ラベルは

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

水平リサイクルの意義 ごみ減量から価値創造へ バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.