> コラム > プラスチック「水平リサイクル」と環境プレミアム マスバランス方式の可能性
水平リサイクルの意義 ごみ減量から価値創造へ

プラスチック「水平リサイクル」と環境プレミアム マスバランス方式の可能性

マテリアルリサイクルによる水平リサイクルにおいては、プラスチックのリサイクルは廃棄物の減量化を目的とした「マイナスの価値」を減らす目的のリサイクルから、「プラスの価値」を創出することを目的としたリサイクルに変化しつつある。

(シリーズ「水平リサイクルの意義 ごみ減量から価値創造へ」第3回/第2回はこちら)

030064_000

水平リサイクルと環境プレミアム

「マイナスの価値を減らす」目的から、「プラスの価値を創出」へと変化

ネットゼロ社会でのプラスチックリサイクル(第1回)で説明したように、ネットゼロ社会では、効率の良いマテリアルリサイクルか、プラスチックの原料とするためのケミカルリサイクルが選択肢となる。マテリアルリサイクルによる水平リサイクルでは、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 94 %

水平リサイクルの意義 ごみ減量から価値創造へ バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.