> > 住宅版エコポイント制度

環境用語集

住宅版エコポイント制度【じゅうたくばんえこぽいんとせいど】

住宅版エコポイント制度を拡充
太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽を追加


「住宅版エコポイント制度」は、省エネ型住宅の新築やリフォームを行った場合に、商品やサービスと交換できるポイントが付与される制度。新築住宅には一律30万ポイント(30万円相当)、リフォームには工事内容に応じて最大30万ポイントが発行される。2010年3月8日より申請が開始された。9月には、経済対策として本制度の1年延長が決定され、2011年12月31日までに工事着工(着手)したものまでが対象となった。

また、政府は、2010年12月1日、2010年度補正予算の成立を受け、「円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策」に位置付けられた住宅版エコポイントの対象拡充について発表した。拡充により、省エネ型リフォームにあわせて設置する太陽熱利用システム(ソーラーシステム)、節水型トイレ、高断熱浴槽の住宅設備についてもポイント発行の対象となる。これらの住宅設備については、2011年1月以降に工事着手するものが対象で、2011年1月11日から申請受付を開始する予定。

富士経済の調べによると、2009年度の住宅リフォーム市場は、前年度比4.4%減の7兆2,200億円。2010年度の市場は、普及補助政策による太陽光発電システムの後付け需要をはじめ、住宅版エコポイント制度などを追い風に、堅調に推移。2013年度の市場は、09年度比7.3%増の7兆7,500億円になると予測する。本制度の拡充により住宅リフォーム市場のさらなる拡大や住宅用太陽熱利用システムなど住宅設備市場での需要喚起への期待が高まる。

住宅版エコポイントで拡充された住宅設備について(2011年1月以降)

・太陽熱利用システムとは?
太陽の熱エネルギーを、熱のまま利用して、お風呂やお台所の給湯などに利用するシステム。太陽熱を集熱するシステムにポンプなどの動力を用いるものに限る。一定の集熱性能等が確認された強制循環型のもので、住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象。太陽光を電気に変える太陽光発電設備は対象外。

・節水型トイレとは?
少ない水量で洗浄できる便器をいう。一定の洗浄性能等が確認されたもので住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象。

・高断熱浴槽とは?
浴槽まわりを断熱する等断熱性能を向上させるための工夫がされており、かつ専用の風呂ふたなどがセットになった浴槽をいう。一定の保温性能等が確認されたもので住宅エコポイント事務局に登録されたものが対象となる。

[参考資料]
住宅エコポイントhttp://jutaku.eco-points.jp/


特集記事:住宅版エコポイント FAQ

住宅版エコポイント制度に関し、よく耳にする質問をまとめています。

1:対象期間と対象になる住宅・工事
 2:新築・エコリフォームの基準
 3:ポイント申請・補助金の併用
 4:ポイント数・交換

住宅版エコポイントの概要
国土交通省・経済産業省・環境省によるエコ住宅向け補助金制度


政府は、2009年に実施した家電のエコポイント制度を拡張し、省エネ型住宅の新築やリフォームを行った場合にも商品やサービスと交換できる「住宅版エコポイント」を創設した。 国土交通省・経済産業省・環境省による実施で、2010年度の予算は、家電のエコポイント1,500億円に対して、1,000億円の見込み。

新築住宅に対しては一律30万円相当のポイントを付与し、リフォームの場合は、費用に応じて一定の割合でポイントが与えられる。

また、対象となる住宅は、持家・借家・一戸建て・共同住宅全て。 リフォームの場合は、取得したエコポイントを、同時に実施する他の箇所のリフォーム工事費用に充てられる。住宅のリフォームをする場合、複数箇所の改修を同時に行うことが多いため、エコポイントの対象とならない改修も、エコポイント制度の恩恵を受けられる可能性は大いにある。

住宅関連企業が独自に実施するキャンペーンも、続々と発表されている。


住宅版エコポイントの対象期間

エコ住宅の新築の場合

  • 第2次補正予算の閣議決定(2009年12月8日)~2011年12月31日
    上記期間内に、建築着工したもの
    ※太陽熱利用システムの設置を行う場合は、2011年1月以降に建設着工したもの
  • エコリフォームの場合

  • 2010年1月1日~2011年12月31日
    上記期間内に、工事着手したもの
    ※住宅設備(太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽)の設置を行う場合は、2011年1月以降に工事着工したもの

  • 住宅版エコポイントの対象となる事業と基準

    エコ住宅の新築の場合

    次の1または2に該当する新築住宅

  • 1. 「トップランナー基準」に相当する住宅
    トップランナー基準とは、省エネ判断基準を満たす外壁・窓などを有する住宅で、2008年時点の一般的な住宅より、概ね10%の省エネを達成した住宅。
  • ・省エネ判断基準を満たす外壁・窓などを有する住宅 かつ、下記の設備を設置
    ・高効率給湯機
    ・熱交換型換気設備
    ・高効率空気調和設備
    ・太陽光発電設備
    または、
    ・省エネ判断基準を超える高い断熱性能を持つ外壁
    ・窓などを有する住宅

  • 2. 省エネ判断基準を満たす木造住宅
    省エネ判断基準を満たす外壁・窓などを有する木材住宅。
  • ※これに併せて、太陽熱利用システムの設置を行う場合は、その分のポイントが加算される。

    エコリフォームの場合

    次の1または2の改修工事

  • 1. 窓の断熱改修 ・省エネ判断基準に適合するように、断熱性能の高い窓を導入する。
    ・既存の窓を利用し、ガラスを複層ガラスに交換
    ・既存の窓の内側に、新たに内窓を設置
    ・既存の窓を、断熱性能の高い窓に交換する
  • 2. 外壁・屋根・天井・床の断熱改修
    一定量以上の断熱材(ノンフロンのものに限る)を用いた断熱改修。
    外壁・屋根・天井・屋根それぞれに、基準となる量が決められる予定。
  • ※これらの工事に併せて、下記の工事を行う場合も、エコポイントの対象となる。
    ○バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、通路や出入り口の幅拡張)
    ○住宅設備(太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽)の設置

    エコポイントは、それぞれの部位ごとに発行される。

    住宅版エコポイントの発行ポイント

    エコ住宅の新築の場合

    一律30万ポイント
    ※太陽熱利用システムを設置した場合は、320,000ポイント


    エコリフォームの場合

    合計で30万ポイントを上限とする。ただし、国から別の補助を受けて行う断熱工事は、ポイント対象外。 バリアフリー化工事は、断熱工事と同時に行う場合にポイント対象となる。


    エコポイント対象工事 エコポイント
    窓の設置・交換 (2.8m2~) 18,000/枚
    ガラス交換 (1.4m2~) 7,000/枚
    窓の設置・交換 (1.6m2~2.8m2未満) 12,000/枚
    ガラス交換 (0.8m2~1.4m2未満) 4,000/枚
    窓の設置・交換 (0.2m2~1.6m2未満) 7,000/枚
    ガラス交換 (0.1m2~0.8m2未満) 2,000/枚
    外壁 100,000
    屋根・天井 30,000
    50,000

    住宅設備の設置 太陽熱利用システム 20,000
    節水型トイレ 20,000
    高断熱浴槽 20,000

    ※外壁・屋根・天井・床の断熱工事については、それぞれ区分によって最低使用量が決められている。

    バリアフリー化工事

    エコポイント対象工事 エコポイント
    手すりの設置 浴室 5,000
    便所 5,000
    洗面所 5,000
    上記以外の居室 5,000
    廊下・階段 5,000
    段差解消 屋外に面する出入り口 5,000
    浴室 5,000
    浴室以外の屋内 5,000
    廊下幅等の拡張 通路幅 25,000
    出入り口幅 25,000


    住宅版エコポイント申請の必要書類

    エコ住宅の新築の場合

    必要な書類は下記の通り。
    ・登録住宅性能評価機関が発行する「エコポイント対象住宅証明書」等(写し可)(※1)
    ・工事施工者が発行する「工事証明書」
    ・工事施工者または販売事業者が発行する「領収書」もしくは「契約書」(共に写し可)
    ・「確認済証」の写し
    ・「検査済証」(写し可)または「竣工写真」

    (※1)エコポイント対象住宅証明書の代わりに利用できる証明書は、下記の書類。
    ・トップランナー基準相当の住宅の場合
     住宅事業建築主基準に係る適合証
    ・省エネ基準を満たす木造住宅の場合
     設計住宅性能評価書・建築住宅性能評価書(省エネルギー対策等級4)のいずれか
     長期優良住宅建築等計画認定通知書
     長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査適合証
     住宅事業建築主基準に係る適合証
     フラット35S 適合証明書


    エコリフォームの場合

    必要な書類は下記の通り。
    ・工事施工者が発行する「工事証明書」
    ・工事施工者が発行する「領収書」(写し可)
    ・「工事現場写真」
    ・本人確認書類
    上記に加え、
    ・窓の工事の場合は、メーカーが発行する「性能証明書」
    ・その他の断熱工事の場合は、
     卸業者等が発行する「納品書」または「施工証明書」


    住宅版エコポイントの交換

    ポイントを商品と交換する場合

  • ○省エネ・環境配慮製品等
    ○地域産品
    ○商品券・プリペイドカード
    ○環境寄付
  • 追加工事への充当(即時交換)

  • ○エコリフォームまたはエコ住宅の新築を行う工事施工者が追加的に実施する工事(即時交換)など

  • 住宅版エコポイントの拡充の説明会

    2010年12月7日から全国10ヵ所で、拡充された住宅エコポイント制度等について説明する講習会が開催される。本講習会では、既存住宅の空家ストックに係るリフォーム費用について国が支援するストック活用型住宅セーフティネット整備推進事業等の説明も行われる。

    住宅メーカーが独自に実施する、「自社版住宅エコポイント
    住宅版エコポイント制度の実施を受け、住宅メーカー各社が独自の補助制度を創設して補助金を上乗せする動きが出てきている。その他にも、エコ住宅がどの程度の省エネにつながるのかを、消費者に分かりやすくなるようなシステムを導入し、購買意欲を高めようと工夫する企業もあり、各社それぞれの対策で、住宅版エコポイントの実施により生まれる需要を取り込みたい考えだ。


    積水ハウス(積水ハウスリフォーム)

    エコポイントWプレゼント

    積水ハウスは、同社製の住宅のリフォームに対し、追加でエコポイントを付与する。条件は、政府のエコポイント制度の対象となる断熱工事に加え、エコポイント対象外の下記のリフォーム工事を実施し、対象外の工事総額が100万円以上となる場合。ポイント付与額は政府のエコポイントと同額で、上限は15万ポイントとする。

    対象工事:外壁塗装工事、浴室交換工事、シート防水工事、屋根重ね葺き工事、太陽光発電装置、高効率給湯器工事



    アキュラホーム

    住宅版エコポイント3倍キャンペーン

    アキュラホームは、キャンペーン期間内に成約した顧客を対象に、「住宅版エコポイント3倍キャンペーン」を実施する。先着30棟限定。エコポイント対象の住宅を新築した際に発行される30万ポイントのエコポイントを、最大で90万円(工事費含)相当の住宅設備オプションと交換することができる。

    対象設備:LED照明、高効率給湯器、節水トイレ、IHクッキングヒーター、食器棚、食器洗い乾燥機など。9品目から3点を組み合わせることができる。 キャンペーン期間:2月12日~28日

    住宅版エコポイント制度を含む記事

    関連カテゴリ

    Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.