> > バイオコークス

環境用語集

バイオコークス【ばいおこーくす】

バイオコークスとは

植物由来の物(木くず、稲わら、お茶葉、コーヒーの搾りかす等)を原料に、粉砕後、加温・加圧することによって生成される固形バイオマス燃料。

植物由来であればほとんどのものが活用できることが確認されているが、原料によっては粉砕・乾燥といった前処理が必要である。

代表的な木質バイオマス燃料であるペレット、チップと比較するとより小さな容積で大きな発熱量を持っており、高温で安定した燃焼を行えるため、石炭やその他化石燃料の代替として期待されている。

バイオコークスの製法は近畿大学理工学部の井田民男准教授によって開発されたもので、2014年3月には近畿大学と大阪ガスエンジニアリングがマレーシアでパーム椰子由来のバイオマスを原料としてバイオコークスの生産実証試験を開始した。また、2014年5月には近畿大学とイオン子会社が北海道恵庭市でバイオコークスを利用したハウス加温栽培の研究を開始している。

(近畿大学 マレーシアで、パーム椰子原料「バイオコークス」の生産導入試験を開始より引用)
(北海道経済産業局 バイオマスの燃料利用ルートマップ作成調査報告書より引用)

バイオコークスを含む記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.