> > 太陽光利用型植物工場

環境用語集

太陽光利用型植物工場【たいようこうりようがたしょくぶつこうじょう】

太陽光利用型の植物工場とは、温室などの半閉鎖環境において、太陽光の利用を基本として植物を生産する工場のこと。ガラスハウスなどと呼ばれることもある。
最大のメリットは完全人工光型よりも費用が安いとこと。設備が簡易なので初期投資もそれほどかからず、光源を太陽光とするため光熱費も下がる。そのため完全人工光型の植物工場では採算の合わない植物についても生産が可能となる。ただし、光源を太陽光とするため、完全人工光型のような効率性で安定性は期待できない。また、完全閉鎖環境ではないため、完全無農薬での栽培も難しいといわれている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.